痔の時は早期治療

音の鳴る仕組みは、楽器の原理に取り入れられていますが、空気の流れが物に当たり、気流が乱れることにより音が出るようです。
楽器の美しいメロディも、汚い話ですが、おならの音も、生じるメカニズムは同じであり、耳に届く過程も同様です。
時におならの音も人それぞれでしょうが、基本的に肛門を通る際の凸凹状態?によっておならの音が変わってくるので、痔の人は肛門の形状が滑らかではない?障害物があるので、大きな音が出やすいかもしれません。
そのため痔は早めに治した方が良さそうです。
一方で痔の場合は、極力トイレに行きたくないという心理が働き便を控える?我慢する傾向があり、その結果として腸内に便が長期間溜まることになります。
そうするとおならの元になるガスが発生しやすくなり、おならが多くなる!まさに悪循環です。
さらに臭いがきつくなる!ことにもなるので、こちらへの配慮も不可欠です。
もちろんおなら、すなわち風が痔の患部を物理的に刺激し痛みを増強させるのみならず、ガス中の成分が痔の傷口に悪影響を与える可能性は否定できないので、この観点からも早期治療が求められます。
とはいえおならは食生活で改善できるので、試してみたいものです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP