かゆみが出る原因のひとつ

かゆみとは何でしょうか?実際はかゆみの起こるメカニズムは十分に解明されていません。
痛みの一種だとする説もありますが、別物とする説が現在は有力です。
通常皮膚は外的刺激やストレスから体を守る役割をしていますが、皮膚内にある肥満細胞が何らかの刺激によりヒスタミンと呼ばれる物質を分泌します。
このヒスタミンが痛みやかゆみを感じる知覚神経を刺激し「かゆみ」を脳が認識するようです。
かゆみ止めの薬などに抗ヒスタミン剤が使われるのはこの過程を絶つためです。
かゆみの原因は様々な外的刺激やストレス、薬などの内的作用、さらに皮膚が乾燥することにより神経過敏になりかゆみを感じやすくなるなどがあります。
なおこのような物理・化学的ストレスの他に精神的ストレスもかゆみの原因のひとつと考えられています。
そのメカニズムは不明ですが、何らかの精神的影響が脳に作用し、脳が異常を体全体に伝え、その指令により皮膚の神経細胞が神経ペプチドという物質を分泌し、これが皮膚にある肥満細胞を刺激してヒスタミンの分泌を促すと考えられています。
ちなみに「掻く」という刺激自体もストレスとなりかゆみを増長しますので、かゆみを感じた時は掻かずに薬などで対処しましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP