コルチゾールはストレスホルモン

腎臓の上部に副腎と称される一見意味不明な臓器がありますが、副腎の生成物質であるコルチゾールは、人体内において脂肪を分解して糖分の精製を促したり炎症を抑えるなどの重要な働きをしています。
またコルチゾールは、何らかのストレスを感じた場合に大量に分泌されることになるので、このような仕組みからコルチゾールをストレスホルモンと呼ぶことがあります。
なおストレスホルモンに限りませんが、ホルモンとは一般的に生体維持には不可欠な物質である反面、微量であっても有効な作用をするため、その分泌や流れを上手く調整することが求められます。
すなわちストレスホルモンも過剰な生成および放出は避けるべきであり、日々の生活における様々なストレスを適切に回避できる手段を考えておきたいものです。
ちなみにストレスホルモンが分泌されるためには大脳がストレスを感じて、副腎皮質刺激ホルモンを分泌するなど、いくつかのステップがあり、それぞれ段階で相応のトラブルが生じた際にもストレスホルモンが分泌されることになるようです。
一方でストレスホルモンは脳にフィードバックして、記憶を司る部位である海馬に障害を与えるとも指摘されています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP