ストレスが原因で歯茎の腫れ

死ぬ病気ではないから!と言って歯茎の腫れを放置している人も多いでしょう。
ほとんどは歯槽膿漏とも呼ばれた歯周病ですが、中には口腔癌?
稀ではないようです。
また歯周病菌が血管内に入り敗血症になったり、脳炎を起こした?
多々あります。
歯は健康の入口なので、小さな歯茎の腫れ?
違和感であっても、早めに治療するのが賢明です。
口の中の症状は案外気になるもので、それがストレスを感じるケースも少なくありません。
常に舌で触っている?
仕事や勉強が手に付かない?
イライラして別のストレスに移行する!
悪循環が続きます。
一方で歯茎の腫れは、原因がストレスだった?
基本的に過大なストレスに襲われると免疫力が低下するため、口内の常在菌が活発に働き歯周病を促す!
故に歯茎の腫れが生じるようです。
ストレスの結果は、その時体内で一番弱っている箇所に現れます。
意外な部分がおかしくなるため、因果関係がわからず悩んでしまうものです。
なお変にストレスを溜めて悶々とするより、身近な内科などで相談してみると、あっけなく解消に向かうようです。
健康は微妙なバランスの上で築かれているので、歯茎の腫れを侮らず、注意信号!と受け止め素直に治療を始めましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP