ストレス性胃炎とは

心?という概念は不思議なものです。
理論的には、人間の行動は脳が司り、物事の認識も脳が行っているはずですが、何らかのストレスを受けると胸が痛くなったり苦しくなったりするものです。
これはストレスによって自律神経系に異常を来たし、呼吸が浅くなったり、血流に変化が起きるためと説明されています。
一方でストレスが原因で生じやすい身体的トラブルとして胃腸炎などの消化器系障害があります。
俗にストレス性胃炎と呼ばれるものは、本人の自覚はなくても、ちょっとお腹を壊した、気分が悪い?などの症状としても示されています。
昨今話題となっている過敏性腸症候群のように我慢できない下痢や便秘を繰り返すケースなどもストレス性胃炎の一種と言えるでしょう。
もちろんストレス性胃炎から実際に胃潰瘍などになる患者さんもいますが、多くのケースでは単に腸の働きが活発になった?程度の事であり、精神的な妄想としてストレス?と感じているだけのケースもあるので、冷静な判断が必要です。
時にストレス性胃炎の患者さんは医師や家族などに指摘されても信じない人がいますが、そのような思い込みがストレス性胃炎を悪化させる要因にもなるので気楽に考えることが一番です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP