ストレス性難聴について

思いもよらない外的なストレスを受けると、多くの人はパニック症状に陥り、中にはその状況を受け入れたくないがために、様々な拒絶反応を示すことがあります。
これが単に気持ちとして「嫌だ!」という程度であれば問題ないでしょうが、その嫌な気持ちが自覚の有無とは関係なく、身体の障害として現れることがあり、耳にトラブルが生じるとストレス性難聴になることがあります。
医学的にどこまで含めるかはあるでしょうが、ストレス性難聴は子供に多発しやすいと言われており、明確な聴覚や耳における異常が確認できないことが診断上そして治療上の問題点です。
ストレス性難聴は、耳の機能が失われたわけではなく、心?を閉ざした状態、正確には脳が音を認識しなくなったということです。
ストレス性難聴は物理的な損傷が認められない点が厄介であり、改善に際しては元になるストレスの解消、心理的カウンセリングが不可欠です。
なおストレスが原因となり機能性難聴になるストレス性難聴にはメニエル病や突発性難聴があり、こちらはアレルギーや過労、感染症などが基礎疾患と考えられており、中高年にも発症しやすい病気なので、日頃から心身両面における健康管理が大切です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP