何らかの症状が生じる

人間は日々ストレスに接して暮らしています。
特に現代社会はストレスに満ち溢れているともいえます。
ストレスの感じ方は人それぞれでしょうが、過剰なストレスに晒されると人は何らかの症状を示し、病気へと進展します。
ストレスを受けることにより生じる様々な症状は大きく3つ区分できます。
つまり精神的症状、肉体的症状そして行動的症状です。
例えば上司に叱られるというストレスが精神的症状として悲しい、悔しいなどを引き起こし、疲れた、胃が痛いなどの肉体的症状を引き起こし、場合によっては八つ当たり、器物破損などの行動的症状に発展します。
なお、肉体的症状は病気とまでは言いませんが疲れた、肩がこる、目が痛い、頭痛、胃痛、目覚めが悪いなどがあります。
これを放っておくと様々な病気に進展することがあります。
精神的症状はやる気がでない、眠れない、不安感などがあります。
これもうつ病などの精神的疾患に進展する危険性があります。
そして行動的症状は異常行動として時に犯罪行為に結びつくことがあるので注意が必要です。
このようなストレスに伴う諸症状を緩和・解消するためには、まず問題となるストレス要因を除去すること、そしてストレスと上手く付き合う方法を見つけることが必要です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP