妊娠中にストレスが現れる

女性の身体はただでさえ複雑でデリケートなものですが、それが妊娠中になればなおさらです。
時に妊娠はおめでたい!と感じ妊婦自身も幸せな気分になるでしょうが、根本的に他人が体内(胎内)にいるということは異常なことであり、心身両面における過大なストレスになっているはずです。
普段は妊娠という喜びから感覚が麻痺しているかもしれませんが、妊娠中はストレスが溜まっている!と意識して過ごすことが大切です。
例えば妊娠中においてストレスが現れる症状としてつわりがありますが、現状の医学でも妊娠中に何故つわりが起きるのか?明確ではありません。
またむくみや高血圧などの妊娠中毒と呼ばれる現象も、何らかのストレスが関係していると指摘されており、他人は「異物」であることから一種のアレルギー反応とも考えられています。
一方で妊娠中は胎児への影響を考慮して鎮痛剤や風邪薬などを服用できないので、病気になれない!というプレッシャーが精神的ストレスになり、マタニティーブルーと称されるような状況を引き起こすことも稀ではありません。
とはいえ妊娠は誇るべきこと!と自分を鼓舞し、前向きに楽しく生活することが逆にストレス予防につながるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP