更年期障害には個人差がある

男性にも更年期障害がある?
言われて久しいですが、更年期障害を加齢に伴うホルモン分泌量の変化と捉えれば、男性であってもおかしくはないでしょう。
とはいえ基本的には女性が閉経後に見舞われる違和感、ほてり、イライラ?
変に疲れるなどの症状を指しています。
ただしすべての女性が更年期障害に罹るわけではなく、逆に入院が必要なレベルまで重篤化することもあります。
なお更年期障害は実感しないと理解できないので、家族は無神経!
これがストレスとなり更年期障害が悪化する?
多々あるので、身内の協力が不可欠です。
一方で仕事上のストレスが原因で更年期障害が現れる?
ストレスが自律神経系やホルモン調節作用を乱せば、ありえる話です。
しかしキャリアウーマン?
仕事に熱中していると更年期障害を感じない?
まさしくストレス耐性と同様に個人差があるようです。
ちなみに更年期障害の治療法はホルモン注射などがありますが、生活習慣を正したり、栄養バランスのとれた食事をする。
適度な運動を行うなどの小さな行動の積み重ねでも苦痛を緩和させることができます。
親しい友人と世間話をするだけでもストレスは解消されます。
億劫でしょうが、一歩踏み出せば、状況は変わります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP