深刻化している環境的ストレス

ストレスの分類法はいくつかありますが、環境的ストレスと言った場合、気候条件などの物理的ストレスがあれば、人間関係などの精神的ストレスを含めるケースもあります。
つまり環境とは、物理的環境と社会的環境に分けられるためです。
通常は前者の意味で環境的ストレスを捉えますが、昨今深刻化しているのは後者の環境的ストレスでしょう。
その理由として精神的に弱い人が増えていることが指摘されています。
すなわち少子化のため子供の時から大事に?我儘に?育ててもらったことにより、自分の意に沿わない事態に遭遇すると対処できなくなる、過度なストレスと感じてしまうようです。
ちなみに職場環境を考えた際には対人関係が重視され、上司と部下の上下関係、同僚とのコミュニケーション、ノルマがある、実績が認められない不満などが環境的ストレスになります。
一方でエアコンが強すぎる、エレベータがない、椅子の高さが合わない?なども物理環境的ストレスに該当します。
自分が何処まで環境的ストレスに対応できるのか?これが職場を決める重要なポイントであり、住居を選ぶ基準、さらには結婚生活を送る上でも、目先の利益に囚われず長期的に見極めることが大切です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP