犬もストレスを感じている

人間のストレス解消、精神的疾患の治療にペットを飼う、動物と接するなどの方法があり、最近はアニマルセラピーという言葉も知られるようになりました。
しかし一方で、ペットである犬も日々の生活で多くのストレスを感じています。
犬は何も言ってくれませんので多くの人、飼い主といえども理解していないことが多く、様々な理由から犬もストレスにより病気になります。
最近は犬の品種改良(改悪?)が進み様々な品種が作出されています。
一昔前の日本犬は、屋外で犬小屋につながれ、残飯を食べていました。
しかし、最近の犬は屋内飼育も一般的で散歩もせず、毎日同じドッグフードを食べる生活を続けることも少なくありません。
そのため運動不足によるストレスが異常行動(齧る、舐める、吠える)を引き起こしたり、本来肉食動物である犬が歯ごたえのない餌で胃腸障害を起こす例も少なくありません。
また「犬は人に付く」と言うように、飼い主が変ったり、知らない人や犬と接するとストレスに感じて異常に吠えたり、怯えたり、餌を食べなくなったりします。
さらに犬は人間のように汗腺が発達していないので暑さに対する抵抗力が弱く、温度変化によるストレスも体調不良の原因になりますので注意が必要です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP