肌荒れに影響する原因

身体全体を覆う皮膚は多様な外敵から身を守るため、柔軟かつ強靭に作られていますが、化学物質や物理的ストレス、さらに紫外線などに過敏な反応をしてしまう部位もあるようです。
例えば顔は、微妙な動きや感覚が求められることから?皮膚が薄い、弱いと言われており、特に冬などの乾燥期には肌荒れに悩まされる人が多いようです。
もちろん肌荒れは、皮膚の構造のみならず、日々の栄養摂取状態など体内環境によっても大きく左右され、中でも自律神経系に影響する心理的なストレスも肌荒れの原因と考えられています。
つまり人はストレスを受けると自律神経系が失調しやすく、そこからホルモンバランスが崩れ、皮膚のみならず体内の代謝が上手くできなくなり、新陳代謝が衰えれば、外的ストレスにより損傷した皮膚細胞を補修することが間に合わずに肌荒れの状況に陥ってしまいます。
このようなことから肌荒れを防ぐには、代謝に重要なビタミン類や皮膚の主成分であるタンパク質を豊富に含んだ食事を規則正しく摂取したり、十分な睡眠をとり、加えて洗顔や保湿などのスキンケアに努めるべきであり、同時に根源となる心理的ストレスに起因する代謝障害を避けることが不可欠です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP