育児ストレスは個人差が大きい

人間はストレスと戦いながら暮らしています。
そのストレスも人によって感じ方が様々です。
ストレスをストレスとして感じない人もいれば、過剰にストレスを感じてしまう人もいるでしょう。
そのような個人差の大きいストレスに育児ストレスがあります。
育児ストレスは文字通り育児に伴うストレスです。
これは特に若いお母さんによく見られるストレスです。
育児は日々変化する我が子の成長を見られるわけですから楽しいものであるはずですが、子供は思い通りに行動してくれないものです。
自分の思い通りにならないことがストレスに感じ、結果として体罰、殺人などにも発展することがあります。
育児ストレスの原因は、お母さんの性格もあるでしょうが、周辺環境も大きく影響します。
特に子供のお父さんである夫の理解、協力は欠かせません。
さらに両親や近所の手助けも重要です。
昔は地域で子供を育てていました。
悪いことをすれば近所のおじさんが怒ってくれました。
育児に対する悩みも自分の両親や近隣の人が相談に乗ってくれました。
つまり現代の育児ストレスの大きな原因は、相談相手が近くにいなく、孤独になりがちで、疎外感を感じるお母さんの悩みや心配が解消されないことにあると言えるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP