蕁麻疹が現れる状態

私達は自分が思っているほど物理的そして心理的な外部刺激に強いわけではありません。
そのためちょっとしたストレスが加わることにより体調を崩してしまうことになります。
時に精神的なストレスが原因で蕁麻疹が現れる状態を心因性蕁麻疹と呼ぶことがあります。
もちろん蕁麻疹と聞けば何かのアレルギーや軽い食中毒の際に出る?とイメージしがちですが、いずれにしても外的なストレスによって蕁麻疹になることもあるので注意したいものです。
逆に普段は問題のない食べ物や花粉症?などのアレルギーであっても、極度のストレス状態に置かれると症状が悪化するケースもあるようです。
基本的に私達の身体は微妙なバランスの上に成り立っているので、若いから、体力には自信がある!などと考えずに、体を鍛えると同時に労わる、適度な休息をとったり自分に合ったストレスの解消法を見つけることが大切です。
ある意味で蕁麻疹などの皮膚のトラブルはストレスに対するバロメータでもあるので、体調管理のひとつとして気を配りたいものです。
なお蕁麻疹は一過性で気付いたら治っていた!ということもありますが、再発を繰り返す場合には躊躇することなく皮膚科などを早めに受診することをお奨めします。

■原因が見当らないじんましん
恐怖で鳥肌が立つ!
誰しも経験することですが、ストレスでじんましんが出る?
これも少なくないようです。
もちろんアレルギーでじんましんが現れることもありますが、アレルギー自体がストレスの塊です。
食中毒や化粧品によるかぶれ?
明確な原因が見当たらないのにじんましんに襲われた場合には、ストレスを考えてみるべきでしょう。
急激なストレスで一気に白髪になった?事例も紹介されますが、極度のストレスが自律神経系を乱し、そこから体内のホルモンバランスが崩れて代謝力が衰える?
言い換えると異常な代謝をし始める!
とはいえこれが生体防御反応として示され、体表へのじんましんの結果に行き着く!
稀ではありません。
なお皮膚がかぶれる?
それこそ物理的、化学的ストレスが関係しています。
体質は生活する間に自覚できるので、危険物質・物体に近づかないのがベストです。
同様にストレスを感じる事態にも近寄らない?
相手から向かってきても上手く除ける!
そんなストレス対策を自分なりに工夫しておきましょう。
ちなみに精神的なストレスが溜まっていると、じんましんを含めた体調不良に陥りやすいので、徐々にストレスを緩和?発散できる生活習慣を作るように努めましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP