遺伝子組み換えの作物

議論はずいぶんと落ち着いてきましたが、「遺伝子組み換え作物」の影響は未だに懸念が続いていますね。
特に国産品には「遺伝子組み換え作物を使用していません」と明記された商品も多く、そういった商品を選んで買う消費者も多いのが現状です。
日本での遺伝子組み換え作物の安全性は、農林水産省、環境省、厚生労働相が審査を行っています。
このうち、消費者が特に気になっている食品の安全性については、厚生労働相が審査をしていますね。
遺伝子組み換え作物の安全性審査では、まず輸入しようとする人が試験を実施してデータを提出し、それを厚生労働省が内閣府にある食品安全委員会の意見を聞いて許可するかどうかを決めることになっています。
この過程は、消費者も知ることができるほか、意見を言うことも可能です。
また、社団法人日本食品衛生協会では、安全性審査の関連資料が公開されています。
実際に安全性をチェックする重要な機関は、食品安全委員会にある「遺伝子組み換え食品等専門調査会」で、ここで専門家が集まって安全性について評価をしています。
こうして安全性が認められたものだけが流通しますから、そう頑なに排除することはないと言えるでしょう。
もちろん、「絶対」はありませんけれどね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP