ストレスで不眠症

■ ストレスで不眠症になる?
日常のストレスや悩み事でも、不眠症にはなります。 一過性、あるいは短期の不眠症理由は、ストレスで起こることも多いのです。 「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」といった入眠・熟眠障害は、誰にでも起こりうる不眠症の症状。 日中の眠気やだるさからさらにストレスが増え、重症化していくケースも少なくはありません。 1ヶ月以上の長期不眠となると、単なる「ストレス」ではなく、なんらかの精神疾患所見が見られることが多くなります。 そうなる前に、心身の正常化をはかることが大切です。

■ ストレスの発散と身体の疲れをとること
ストレスを原因とする不眠症で大切なことは、
・ストレス発散
・身体の疲れをとる
ことです。

心と身体は密接にリンクしていることが知られていて、心が疲れると身体も疲れやすくなり、身体に疲れがたまると、心も不安定になっていきます。 ストレスを発散するだけでなく、身体の疲れをとるようにしましょう。 寝付きの悪い人は、アルファー波の出る音楽を聞いたり、リラックスできる飲み物や香りを楽しむのもおすすめ。 お風呂にゆったり使ったり、足湯をしたりするのも身体をほぐしてくれますよ。

■ 心理的なストレスで眠れない
ストレス社会と言われる時代ですが、仕事や学校、家庭の事がストレスで、不眠症になってしまう方も多いと言われています。
不眠症は、寝付きが悪い、眠りが浅く、熟睡出来ない、夜中に目が覚める、早朝に目が覚めるなどの症状が出るもので、その原因は人によって様々ですが、心理的なストレスや、疲れが影響している事が多いと言えるでしょう。
仕事場でのストレスやプレッシャー、学校や家族の人間関係などに悩んでいる時には、寝る前に色々と考え込んでしまう事も多いですし、眠りたいのに考えてしまうという悪循環も起こります。
また、不眠の状態が続くと、眠れないこと自体がストレスにもなりますし、疲れがたまり、イライラしやすくなる、鬱のように気持ちが暗くなると言う事も症状として表れると言えるでしょう。
基本的に、不眠症を解消する為には、ストレスの原因を無くす、運動をして体を疲れさせる、寝る前にパソコンやスマホを使わないようにするという方法をがあります。
ただ、それでも不眠が解消しないようなら睡眠薬を飲んで眠るようにするのも、一時的な解決策だと言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP