睡眠薬の超短時間型とは

■ 『超短時間型』の睡眠薬って?
とても短い時間にだけ作用する睡眠薬を、「超短時間型睡眠薬」、あるいは入眠を助けるため「睡眠導入剤(睡眠導入薬)」と呼びます。

■ 超短時間型睡眠薬の種類
超短時間型の睡眠薬にはいくつか種類がありますが、現在処方されているのはほとんど「トリアゾラム(ハルシオン)」という、ベンゾジアゼピン系の薬です。 ベンゾジアゼピン系の薬は、副作用が少なく、なにより呼吸器系への影響がほとんどないため、誤った服用をしても死亡しないという特徴があります。

■ 服用の注意点
入眠を助ける、極軽い睡眠薬で、病院でもわりと簡単に処方してもらえるために、依存傾向になる人が多い薬です。 「ちょっと眠れないなと感じると、すぐに薬を服用してしまう」 「勝手に服用量を増やしてしまう」 「薬がないと眠れないような気がしてしまう」 こういった依存が続くと、副作用のリスクが高まったり、不眠症自体が重症化してしまう可能性もあります。
もっとも顕著な副作用として、一時的な健忘(物忘れ)があります。 一過性のものですが、薬を服用中にしたことや会話などを忘れ、夢遊病のような症状が見られます。
あくまで根本治療をしながら、補助的に服用するようにしましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP