5αリダクターゼの生成抑制

化学用語が苦手な人も多いでしょうが、ちょっとした法則を知れば意外にも簡単!と理解してくれるでしょう。
例えばカタカナの物質名で、最後に○○アーゼとなっていれば、それはほとんどが酵素です。
酵素とは、自らは変化しませんが、特定の物質を分解したり合成してくれる生体物質です。
具体的には発毛に関係する5αリダクターゼがあります。
では5αリダクターゼは何をしているのか? つまり5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)へ変換します。
DHTは強力に発毛を阻害する!と指摘されています。
言い換えるなら5αリダクターゼが発毛に間接的な悪影響を与えている?
実際に5αリダクターゼを先天的に生成できない人は、男性型脱毛症にならない? 報告があるようです。
ここから発毛剤の開発において、5αリダクターゼの働きを抑えればよい!との理屈が成り立ちます。
ちなみに著名な発毛剤の主成分にもなっているフィナステリドは5αリダクターゼの生成を抑制する効果があると謳われています。
化学物質は怖い? とはいえ、幽霊の正体見たり枯れ尾花! 理屈がわかれば納得できるし、変に心配する必要はなく、積極的になれるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP