にきびの種類は白黒赤黄4色

にきびとは言っても、様々な種類があります。
例えばにきびを色分けすると、4つの種類があるようです。
つまり白、黒、赤、黄色のにきびであり、この種類の順番ににきびが悪化していくことを示しています。

具体的には、まず白いにきび!
これは毛穴に皮脂が溜まった状態です。
もちろん必要な皮脂もありますが、余分なものが化粧品?と一緒に詰まっています。
ここの段階ではまだにきびケア?
考えない人も多いでしょう。

次いでそれらが汚れてくると黒いにきびになります。
黒ずみ?
毛穴が開いた!などの症状としても自覚するにきびの種類なので、大半の人は気付きます。

さらに進んでくると赤いにきび!
炎症が始まった証拠です。
場合によっては痛みを感じることがあり、対処方法を間違うと別の皮膚病へ移行する危険があるので、慎重な対応?が求められます。

そして最後が黄色いにきびです。
炎症が高じて膿が溜まった状況ですが、にきびを潰して膿を出す?
傷口が広がって炎症を増悪させる可能性が否めないので、薬を塗って触らないようにする?
もしくは早急に皮膚科を受診すべきです。

にきびは種類に応じた治療を施さないと、後々シミになったり繰り返す原因ともなるので注意しましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP