アルコールを飲んで眠る

■ アルコール依存になっていませんか?
「お酒を飲むとよく眠れる」という人は多いでしょう。 そしてまた、「お酒を飲まなければ眠れない」という人も多いことでしょう。
たしかに、お酒を飲むと眠くなります。 これは、アルコールの持つ催眠作用で、簡単にいえば脳の「起きるぞー、動くぞー」という部分の働きを抑制することによって起こるものです。 ですから、眠れない時にお酒を飲めば眠れるというのは間違いではありません。
しかし、これを続けると「お酒を飲まなければ眠れない」症状が出てきてしまうのです。

■ 質の悪い睡眠を作り出すアルコール
アルコールは、入眠を助けます。 しかしながら、眠りの質は低下します。 浅い「レム睡眠」が増えるのです。 さらに、身体はアルコールに対して耐性をつけてきます。 そうすると、反動で眠れない現象に。 眠れないのでアルコールを増やし、さらに耐性が強まり、一日中アルコールを飲み続けるほどのアルコール依存症になってしまうこともあります。

■ 不眠傾向にあるときはお酒を飲まない
アルコール依存症は怖い病気です。 不眠も悪化するだけですから、お酒の力で眠ろうとはしないでくださいね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP