コンタクトレンズを着用

俗に眼鏡を掛けると視力がどんどん悪くなる!と言われますが、これはあまり正しくはないようであり、逆に眼鏡を掛けていないと眼を細めて見る習慣が付き、目つきが悪くなったり、頭痛や肩こりの原因になることがあるようです。
そのため眼鏡を掛けたくない場合にはコンタクトレンズを使用して視力矯正に努めましょう。
ただしコンタクトレンズの着用に際しては、清潔に保つことが大切であり、視力障害より怖い角膜炎などの感染症を引き起こすことがあるので注意が必要です。
時にコンタクトレンズと眼鏡の両者とも、単に視力を矯正するための道具!と安易に考えている人も多いようですが、コンタクトレンズは人体内に挿入する医療器具なので取り扱いが異なり、眼科医の処方箋が必要です。
眼の病気や傷は失明に至る危険もあるので、定期的に眼科医を受診し、処方箋をもらうと同時に眼の健康診断も行いましょう。
一方でコンタクトレンズを着用していても視力は回復しませんが、近年は視力回復術としてレーシックに人気があります。
煩わしさを考えるならば、レーシックを検討することも良いかもしれませんが、それでも遠くを見る習慣を付けることが視力回復方法のひとつであることには変わりありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP