パソコンの使用時間

現代社会は眼を酷使する作業が多いので視力が低下しやすいのは当然のこととなっています。
子供であっても毎日机に向かう習慣を付けられ、加えて画面の小さなゲームや電子辞書などを使い続ければ、必然的に視力低下を導くことになります。
一方で中学生以上になると、学校でもパソコンを使用する機会が増え、さらに大人であればパソコンを使うことが日常茶飯事になってきます。
時に事務職の人は、パソコンを長時間使うことで視力が低下すると言われていますので、パソコンの使用時間について、会社の規則として、または自分の健康管理として、何らかの決まりを作るべきでしょう。
視力低下を考慮した理想的なパソコンの使用時間は、最長1時間、そして10分程度の休みをとることです。
もちろん集中して仕事をすべき時もありますが、パソコンの使用時間を決めると適度な休息ができ、かえって集中力を高めることができるようです。
案外人間の集中力は続かないものです。
なおパソコンの使用時間に注意すると、視力のみならず肩こりや頭痛が緩和されることもあるので、家庭においてもパソコンの使用時間について検討してみることが健康管理上も大切です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP