メガネの使用

日本人で視力の悪い人の割合は、中学生で30%、大人では50%を超えるとも言われています。
このように悪くなった視力を矯正する方法としてメガネ、コンタクトレンズなどの矯正器具の使用、レーシックなどの角膜屈折矯正手術の実施、そして視力回復トレーニングなどがあります。
レーシックは近年急速に普及していますが、やはり視力矯正の主体は今でもメガネやコンタクトレンズなどの矯正器具の使用です。
中でもコンタクトレンズはファッション性もあり若者の間に普及してきましたが、その管理が大変であったり、コンタクトレンズ着用による感染症などの問題、そして様々な眼病などが原因でコンタクトレンズを使用できない人も多く、高齢者を中心としてメガネの使用は未だ視力矯正の主力になっています。
かつてメガネは数万円もする高価なものでしたが、近年は安価なメガネチェーン店も増え、比較的安価で早く購入することができるようになりました。
さらにデザインや色などのバリエーションが豊富であり、ファッション性を重視する若者、特に若い女性の間でもメガネ回帰現象が出てきています。
ちなみに、レーシックで視力を矯正した人であっても伊達メガネを掛ける人が少なくないようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP