レーシックとは

日本人には近視が多いとされており、日本人のイメージとしてメガネというのは万国共通のようです。
この視力矯正の第一の方法は、メガネやコンタクトレンズといった矯正器具の使用です。
近年は若い人にコンタクトレンズの着用者が増えていますが、その管理が大変であったり、ファッション性、さらにコンタクトレンズによる様々な眼病などの問題もあり、視力低下を根本から治そうという考えが強まり、レーシックと呼ばれる角膜屈折矯正手術が多く実施されるようになりました。
目は水晶体やそれを支える毛様体筋が柔軟に動くことによってピントを合わせています。
この作用が何らかの原因により機能せず、遠くの物にピントが合わせられない状態を近視と呼んでいます。
レーシックは目の角膜をレーザーによって削り、レンズの屈折度を矯正し、視力を回復させる外科手術です。
レーシックは比較的新しい概念であり、日本でも2000年以降急速に普及しており、現在は年間数十万人がレーシック手術を受けています。
目の手術であるため恐怖感を伴いますが、再手術、失明などのリスクは低く、副作用も少なく、視力向上の効果が高いとされています。
しかし、レーシックには健康保険が使えない、成長期の子供には適用できないなどの問題もあります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP