不眠が続く…時差ぼけの影響?

海外旅行に行くと、時差ぼけの影響で不眠が続く場合も多いと言われています。
そもそも、時差ぼけとは、時差がある所に行く事で、体内時計のリズムが崩れる為、不眠や、頭がぼーっとするなどの症状が出る事が多いのです。
時差ぼけは、東に行く方が症状が重くなると言われており、同じ海外でも、ヨーロッパに行くのと、北米に行くのでは、北米に行く方が、時差ぼけの症状も重くなると言えるでしょう。
というのも、西に行く方が、太陽を追いかける形になる為、1日が長くなりますが、その分、体のリズムも付いて行きやすいと言われています。
また、現地で時差ぼけを解消する為には、出来るだけ日光を浴びる事が大切です。
日光を浴びる事で、体内時計がリセットされると言われており、現地時間にも対応しやすくなると言えるでしょう。
人によって、時差ぼけの程度は異なりますが、早く時差ぼけを治す為には、日の光を浴びて、眠くなくても、夜は部屋を暗くして横になる事が大切です。
もちろん、時差ぼけは、一時的な物なので、不眠の症状が続いても重大な病気やストレスとは、関連性が少ないと言えるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP