中途覚醒とは

■ 「中途覚醒」って?
中途覚醒は、「夜中に何度も起きる」という種類の『不眠症』です。 一度入眠してから朝起きるまでに、2回以上目が覚める日が、週に3回以上あれば「中途覚醒」と言って良いでしょう。 あまり深く眠れず、些細な物音で目が覚めたり、何度も夢を見たり、一度目が覚めるとすぐには寝付けないなど、さまざまな症状があります。

■ 不安が原因で起こる中途覚醒
不安や悩みが睡眠中にも大きく影響し、深く眠れなくなることがあります。 入眠障害よりもより問題が深く、カウンセリングによる根本解決と睡眠薬・安定剤(抗不安剤)の併用が検討されることが多いです。

■ アルコールや薬物などによる中途覚醒
アルコールや薬物の副作用によって、中途覚醒が誘発されることもあります。 特にアルコール依存の場合には、眠りがとても浅く、中にはひどい悪夢で何度も目が覚めるという人もいます。

■ 環境による中途覚醒
意外と盲点なのが、睡眠環境です。 車の通りが多いとか、強い光が入るとか、普段あまり気にしていないようなものが中途覚醒を引き起こしていることもあります。 また、寝具が身体に合っていない場合にも、身体が痛かったり疲れたりして、何度も目が覚めたりします。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP