入眠障害とは

■ 「入眠障害」って?
入眠障害は、「寝付きが悪い」「なかなか寝付けない」といった眠りに入れない種類の『不眠症』です。 布団に入ってから30分以上眠れない日が、週に3回以上あれば「入眠障害」と言って良いでしょう。

■ 不安が原因で起こる入眠障害
不安や心配事を抱えている人は、入眠障害に陥りやすい人です。 これは、入眠前にあれこれ考え、不安を増幅させてしまうため。 多くはカウンセリングが必要です。

■ ストレスやイライラで起こる入眠障害
不安や心配事とは異なり、興奮状態になるストレスやイライラは、身体が活性化してしまっているために眠れない状態。 リラックスできるような香りや音楽が効果を得やすいタイプです。

■ 身体的疾患による入眠障害
「かゆい」「痛い」「苦しい」など、身体的疾患から眠れない場合もあります。 アトピー性皮膚炎や、胃腸の疾患、循環器・呼吸器系の疾患などは特に入眠障害になりやすく、根本治療も難しいために体力の低下等にも配慮が必要です。

■ 精神疾患による入眠障害
うつ病や統合失調症など、重大な精神疾患を抱える人の入眠障害は、睡眠薬や抗不安剤(安定剤)の服用も含めて、長期的な治療が必要になります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP