内科でのケアはにきびの正論

にきびは皮膚の炎症性疾患です。
すなわち重いにきびの場合には皮膚科で相談!とテレビCMでも宣伝しています。
しかしそれだけでは治らない?
パターンが少なくありません。

もちろん皮膚科医も基本的な医療知識を学んでいるため幅広いアドバイスができるものですが、にきびに関しては内科でのケアも有効です。
逆に別の病気で内科を訪れ、まったく関係ない?と考えていた内科でのケアに従ったら、気付いてみればにきびが消えた?
稀ではありません。

では具体的なにきびに対する内科でのケアとは何でしょうか?
そもそもにきびは栄養状態やホルモンバランスが崩れた際に生じやすくなります。
女性であれば月経周期に伴ってにきびが増減する?
多々あるようです。
そのため内科でのケアとして食習慣を整える!
ストレスを溜めない!
規則正しい生活をするなどの指導があるでしょう。
また内臓機能を正常化させることにより食べ物の消化吸収が促進され、便秘が解消されるとにきびも落ち着く?
意外なようですが深いつながりがあるようです。
言い換えるなら内科でのケアは体調全般に通じるため、健康のバロメータ?とも指摘されるにきびを内科的にケアする?
的外れな議論ではなく、正論なのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP