子供の場合

日本人は視力が低下しやすい民族とされており、日本人のイメージはメガネ・カメラ・・・というのが今でも一般的なようです。
中でも近視の子供が増えており、子供の視力低下は社会問題にもなっています。
子供の視力低下の原因は、なんと言ってもテレビ、パソコン、ゲーム機器などを近距離から長時間注視し続けることです。
人間の目はカメラに例えられるように、レンズである水晶体の厚みを調整することにより焦点を合わせています。
また水晶体を支える毛様体筋が柔軟に動くことでピント調整をスムーズにするという作用があります。
そのような仕組みをもつ目は、長時間同じものを見続けると、レンズや毛様体筋が固まってしまい、柔軟に動かすことが難しくなります。
そのため視力回復のためにはリハビリのようなトレーニングが必要になったり、メガネやコンタクトレンズなどの矯正器具を使用することになります。
子供の間は、体の他の部分も成長し安定していませんので、そのような時期には視力も大きく変化しやすく、メガネやコンタクトレンズも頻繁に交換しなければならないなど、経済的にも大変です。
なお、視力矯正の方法としてレーシックなどの外科手術がありますが、これは成長期の子供には適用できません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP