寝る前のテレビは不眠のもと?

テレビ好きな方は、家に居る間ずっとテレビをつけている場合が多いのですが、寝る前のテレビは、不眠の原因になる事もあると言われています。
人によっては、「テレビが付いていた方が、早く眠れる」という方もいるのですが、これはテレビを見ると言うよりも、テレビの音で安心して眠れるという場合が多いと言えるでしょう。
しかし、テレビには、パソコンや携帯と同じようにブルーライトという光が出ており、このブルーライトが脳を活性化させるので、寝る前にテレビを見る事で、不眠の原因になっている場合もあると言われています。
もちろん、パソコンや携帯に比べると、顔とテレビの距離は遠いので、直接影響が出る事は少ないのですが、寝る前には安眠する為の環境を整える事が大切です。
また、「どうしてもテレビをつけていたい」と言う場合には、部屋の灯りを暗くして、スタンドライトをつけながら、テレビを見る形が良いと言われています。
さらに、子供がいる家庭で、一日中テレビをつけていると、気持ちが落ち着かなくなるなど、精神が不安定になる事もあるので、時にはテレビを消す事も大切だと言えるでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP