弱視の状態

人間の視力は、生まれた時は遠視、小学生くらいまで眼の成長が続き、中学生の頃に落ち着くと言われています。
そのため、先天的な障害を得ているケース、そしてこの成長期に何らかの物理的、心理的刺激が加わることにより視力の発達が滞ると、弱視と呼ばれる症状を示すことになります。
すなわち弱視とは、明確な眼の器質的異常が認められないにも関わらず視力が低い状態を意味しています。
このような過程を経ているため、一般的に弱視は子供に多いという印象を受けることになります。
ちなみに子供が弱視と診断された場合は、早期であれば眼鏡などの視力矯正器具を使用することによって治療することが可能です。
しかし成長するにつれて弱視を治すことが難しくなるので、原則として3歳程度までに発見すべきとされています。
一方で白内障や緑内障、さらに色覚異常や極度の近視などが原因で矯正器具を用いても正常な視力が得られない人に対しても弱視という用語を使うことがあり、一部混乱があるようです。
大きな範囲で弱視を考えれば、いずれにしても物が見えにくいということになりますが、対処法は異なり、後者の弱視は、限りなく全盲に近いこともあり社会的トラブルが少なくありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP