携帯電話の使用対策

仕事に際しては携帯電話が不可欠なツールになっているようです。
特に外を動き回る営業職ならば、自社そして顧客との連絡になくてはならない、反面、携帯電話が普及することにより、外回りの人たちが喫茶店などで休憩することができづらくなっている?とも言われています。
携帯電話に関しては様々な意見がありますが、小さな画面を凝視することになるので視力との問題が指摘されており、携帯電話の使用対策に苦慮しているケースが稀ではないようです。
携帯電話の使用対策として最善なことは、使わない!ことです。
つまり電話機能に特化すれば視力とは無関係になります。
もちろん昨今では視力の弱い高齢者向けに文字などを大きく表示できる機種もありますが、若者であれば疲れる!とはいっても機能性、ファッション性を考えれば携帯電話の使用対策に気を配ることはないようです。
なお現実的に捉えて、視力を考慮した携帯電話の使用対策は、使用時間を極力短くする、電車など揺れる場所で見続けない、意識的に瞬きすることなどが重要です。
ちなみに大きな文字に設定することは、かっこ悪いかもしれませんが、将来的な視力低下を危惧するならば実用的な携帯電話の使用対策です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP