最悪の不眠症とは?

眠りにつくまでに30分以上かかれば、すでに不眠症の症状が出ていると言われていますが、この不眠症が慢性化し、症状が悪化すると、普通の生活をする事も難しくなると言えるでしょう。
不眠症というと、「ただ眠れないだけ」と考える方もいるのですが、人間の三大欲の中で、1週間眠れないと言う事は、食欲や性欲を1週間耐えるよりも苦しい事だと言われています。
特に、眠れない間には、色々と考え込んでしまう方も多く、眠れない→考える→眠れないという悪循環が続く事もあります。
そして、不眠症が日常化すると、疲れがたまり、イライラしやすくなりますし、最悪の場合には、うつ病を発症する方もいると言えるでしょう。
特に、うつ病性の不眠症の場合には、気持ちが落ち込むだけでなく、食欲がなくなったり、体重が減少して、顔もやつれると言う事がよくありますし、自殺を考える方も多いと言われています。
その為、不眠症の症状が慢性化する場合には、内科や精神科に相談してみた方が良いと言われており、一時的な処置としても睡眠薬を使う事で、気持ちが落ち着くと言う方もいるそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP