洗いすぎはダメ!は抽象的?

にきび対策は洗顔!
誰もが考えることですし、様々な場面で指摘されます。
テレビCMなどでも洗顔フォームが宣伝されています。
では洗顔すればにきびはできないか?
それはないでしょう。
だからこそ皆困っている?
すなわち正しい洗顔方法を知ることが大切なのです。

そもそも洗いすぎはダメ!
にきびを増やしてしまいます。
つまり石鹸などで汚れを落とすと同時に、お肌を守っている皮脂も取り除いている可能性があります。
1日に何回も洗っていれば、皮脂がなくなって傷付きやすくなる!
これが洗いすぎはダメ!と言われる理由です。

逆に皮脂が減ってくると身体が反応して、もっと皮脂を分泌しよう!と頑張ってしまいます。
これも脂っこくなる?
にきびの原料として問題なので、反対の意味からも洗いすぎはダメ!です。

洗いすぎはダメ!の理屈がわかったとしても、何回であれば洗いすぎ?
境界線はどこにあるのか?
洗いすぎはダメ?
抽象的で無責任な指導かもしれません。

例えば触ってみてお肌がカサカサ?
これは洗いすぎです。
またベタベタ?
マッサージをする要領で洗顔してみましょう。

なお洗うより保湿に努める!を念頭に置いてスキンケアをすると、にきびの予防できたり改善していくでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP