犬の視力

動物の視力はどうなのでしょうか?闘牛で見られるように「牛は赤い物を見ると興奮する」とされていますが、これは正しくありません。
多くの動物は色覚があまり発達しておらず、牛は単に動いている物に反応しているだけのようです。
では、私たちの身近にいる動物である犬の視力はどうなのでしょうか?犬は嗅覚が発達しているといわれ、視力はあまり問題視されることは少ないようですが、犬は肉食動物であり、その先祖は狩猟により餌を獲得していました。
そのため視力は非常に重要であり、視力の衰えは餌獲得に大きく影響したと考えられます。
ある研究によれば、犬の目はピント調整があまり得意ではありませんが、獲物を捉える力、特に動体視力は良いとされています。
そのため動く物に敏感に反応し、シェパードやハウンド系などの犬種によっては1キロ先で動く物も見える場合があるようです。
また犬の目は色覚に関しても3原色程度は識別できると考えられています。
なお近年は犬の寿命も伸び老犬も多くなりました。
人間と同様に犬も老化に伴い視力が低下してきます。
嗅覚も同時に衰え、日々の生活は視力に頼ることも少なくありません。
そのため老犬を飼われている方は、犬の周りに障害物がないように配慮してあげましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP