船舶免許を取得する

船舶を操縦するためには、その船の大きさに応じた船舶免許を取得する必要があります。
船舶免許を取得するためには、自動車の運転免許と同様に実技と筆記の試験がありますが、加えて身体検査も課されます。
ただし視力は眼鏡やコンタクトレンズによる矯正視力で0.6以上あれば良いとされています。
この基準は普通の自動車運転免許と同等の能力ですが、船舶の場合はスピードが限られている、道路や線路とは異なり行動範囲が自由になりやすい、またある程度の規模になれば船舶の場合レーダーを有するのが一般的なので目視よりも確実性がある、などの理由が指摘されています。
なお第二次世界大戦当時には飛行機のパイロットのように、船員さんたちも如何に相手より先に敵を見つけるか!良好な視力が問われ、現在でも自衛隊の戦闘機パイロットになるためには裸眼視力が重視されていますが、近年では機械の方が信頼でき、如何にヒューマンエラーを無くすか?の方に重点が置かれているようです。
ちなみに動体視力が弱い人は船酔いしやすいとも言われているのでご注意ください。
時に昨今ブームになっている3D映画を視聴する際にも船酔いのような症状を示すことがあるので気をつけましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP