血圧との関係

不眠というと、ストレスや運動不足が原因と言われる事が多いのですが、人によっては、血圧が影響している場合もあるそうです。
基本的に、眠っている時には血圧が下がり、交感神経も落ち着いているものなのですが、不眠症の場合には、夜間でも交感神経が高ぶったままの状態で、血圧が高くなり、気持ちがリラックス出来ないと言う事もあります。
交感神経と副交感神経が上手く作用しない理由には、ストレスや運動不足などが関係していますが、高血圧持ちの方が、不眠症を併発する事もよくあると言えるでしょう。
特に、よく眠れない日が続くと、目覚めても疲れがたまったままですし、日中にも体が疲れていたり、眠れないこと自体に疲労やストレスを感じる事も多いと言われています。
その為、高血圧持ちで不眠が続く場合には、睡眠薬などの処方よりも、血圧をコントロールする薬を投与する事で、不眠の症状が改善する事も多いと言えるでしょう。
ちなみに、不眠症になると、常に疲れが取れない分、イライラしやすくなったり、体調も壊しやすくなる為、その人にあった治療をする事が大切だと言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP