運転免許では

自動車の運転免許を取得する際、または運転免許の更新に際して視力検査が義務付けられています。
その基準は、原動機付自転車や小型特殊車両の場合、両眼視力で0.5以上、または片眼視力0.5以上で視野が150度以上とされています。
また中型(8トン限定)・普通自動車、そして自動二輪の場合は両眼視力0.7以上で片眼視力がそれぞれ0.3以上、または片眼視力が0.7以上で視野が150度以上とされています。
さらに中型自動車、大型自動車、第二種運転免許の場合は両眼視力0.8以上で片眼視力が0.5以上、加えて深視力の平均誤差2センチ以下と規定されています。
この基準に満たない場合は、新規に運転免許を取得することができず、また更新も原則できないことになっています。
特に中型自動車以上の運転免許の取得時に義務付けられる深視力は、通常の視力検査とは異なる三桿検査と呼ばれる方法により測定するため、検査に不慣れな人などはその基準を満たすことができないことがあるようです。
自動車を運転する場合には目、耳などの感覚をフルに活用して周辺状況に気を配る必要があり、特に視覚を通じた情報は運転には不可欠な情報なので、自動車を運転する人、新規に運転免許を取得する人は視力、その矯正に十分気をつけましょう。事故をしないために、雨などの視界が悪い道では、明るくよく見えるHIDがおすすめですよ!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP