PTSDとは

■ PTSDとは?
PTSDとは、日本語で「心的外傷後ストレス障害」。 ここ十数年で広く知られるようになった病気で、なんらかの激しいストレスが、原因を取り除かれた後にも大きな不安をもたらすというものです。 今まさに、東北地方太平洋沖地震(2011年3月)の被災者がPTSDの心配をされているところです。

■ PTSDの不眠症
PTSDの症状にはさまざまなものがありますが、特に初期段階には不眠症になりやすい傾向にあります。 これは、「過覚醒(覚醒亢進症状)」と呼ばれる症状が原因で、常に緊張し、身体も脳もずっと起きている状態にあるため、まったく眠ることができない、あるいは少し眠ってもすぐに起きてしまうからです。 もちろん、何かのきっかけで緊張状態が発現した場合にも、簡単に不眠症になってしまいます。

■ 睡眠薬と認知行動療法
PTSDによる不眠症は、PTSDの治療と、とりあえず落ち着くための薬物療法とを併用していくのが一般的です。 睡眠薬や抗不安剤(安定剤)で過覚醒の状態を落ち着け、認知行動療法などを用いて不安を解消する根本治療を続けます。 簡単には治りませんが、PTSDは治療可能な病気ですから、根気よく治していきましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP