にきびが若い人に多いのは?

思春期には、にきびが出やすくなる場合が多いのですが、これはなぜなのでしょうか。
にきびが出来るのには、様々な理由がありますが、思春期に出来るにきびは、成長ホルモンが大きく影響していると言われています。
10代の成長期には、成長ホルモンが大量に分泌されており、皮脂分泌も活発に行われるのですが、そこで分泌された皮脂を毛穴が十分に処理出来ない為、毛穴に皮脂が頻繁に詰まってしまい、そのせいでにきびが沢山出来ると言えるでしょう。
しかし、新陳代謝も年齢がまだ若いうちは良いので、にきびもつぶさないで放っておいた方が、後が残らないので良いと言われています。
もちろん、見た目が気になる場合には、髪の毛などでにきびを隠してしまいがちなのですが、肌の風通しが悪いと、にきびが悪化してしまうので、髪の毛もアップにしたり、あまり空気がこもらないようにした方が良いそうです。
ちなみに、思春期を過ぎてから出来るにきびの場合には、「大人にきび」とも呼ばれており、女性・男性ホルモンのバランスが崩れたり、ストレス、食生活や睡眠時間が短い事が影響して、にきびが出来る事が多いと言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP