健康保険がきく(健康保険が使えない)

にきびが出来ると、スキンケア商品などで症状を改善しようとする方が多いのですが、場合によっては、皮膚科に受診した方が良い場合もあります。
基本的に、思春期のにきびは時間が経てば、自然に治るので、そのままにしておいても問題ありません。
ただ、大人ニキビが沢山出来る、治っても、またすぐに出来てしまう、クレーターが気になるなどの場合には、病院に行った方が良いでしょう。
一般にはあまり知られていないのですが、にきびの治療には、健康保険が使えるので、あまりに症状が酷い場合には、皮膚科で薬をもらった方が、治りが早くなるのです。
皮膚科では、症状によって、漢方薬、ビタミン剤の内服だけでなく、抗生物質の外用なども行っています。
これは、すでに出来ているにきびに直接薬を付けたり、体の内側から症状を改善していくだけでなく、クレーターが酷い場合には、ピーリングなどの処置も、健康保険がきく事があるので、皮膚科で問い合わせてみると良いでしょう。
ただ、市販されているにきびの薬には、健康保険がききませんから、症状によっては、病院に行った方が、自分にあった解決法が見つかりやすいと言われています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP