炎症の違い

炎症とはよく見聞きする用語です。炎症が起きている!と言われると納得してしまいますが、そもそも炎症とは何でしょうか?
つまり炎症とは、細胞が何らかの刺激によって過度に反応した状態であり、一般的には毛細血管が拡張されるので赤く腫れる、発熱する、細胞が壊れて組織液が滲み出る、拍動が神経系を圧迫してズキズキするなどの症状が現れます。
これら炎症の違いは、傷や打撲などの物理的な刺激、細菌感染などの生物・化学的刺激、さらにストレスなど精神的な刺激?によって異なります。
そして炎症の違いは、同じにきびであってもでき方に影響します。
なお免疫と炎症の違いを混同するケースがあるようですが、免疫は主に白血球などが行う生体防御反応であり、身体の内部で進行します。
時に炎症を伴うこともありますが、外見上健康であっても、体内では過酷なバトルが繰り広げられています。一方で炎症は対外的に確認できる状況です。
また乾燥した炎症と湿った炎症の違いは、細胞が破壊されているかどうかが重要です。
ちなみに腫脹は腫れることであり炎症の一形態です。
しかし浮腫は炎症の違いには含まれず、単に細胞や組織内、その間、血管に水分が過剰に溜まることに起因します。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP