肌荒れは病気の源

女性のみならず、肌荒れは様々な病気の源になるので注意したいものです。
冬の外出や空調の利いた室内に長くいる場合には、知らない間に皮膚が乾燥し、肌荒れに至ることが稀ではありません。
肌荒れになるとにきびが出たり、シミやシワに発展しやすいので、適切な予防法に努めましょう。
例えば肌荒れの基本は乾燥することなので、保湿剤を適宜塗りましょう。
特に水仕事をした後は、お肌を守っている皮脂が落ちた状態です。
水気を完全に拭き取り、十分なケアを心掛けましょう。
逆にお風呂上りは潤っているものですが、油断していると、アッと言う間に水分が蒸発していきます。
理論的には温度が高いほど蒸発量は多い、スピードも速いため、ドライヤーで髪を乾かす前に保湿クリームを使いましょう。
時にドライヤーの熱が顔や身体に当たると、それが乾燥肌を促す?皮膚を傷める要因になっていると指摘されています。
一方で体質的に肌荒れが続く、治りにくい?という人は生活習慣を改めましょう。
ストレスや暴飲暴食、睡眠不足などは有害物質を生み出す反面で皮膚の新陳代謝を阻害します。
加えて肌に関係するビタミン類の欠乏も肌荒れの元凶なので、栄養バランスの整った食事を摂りましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP