アイマスクの利用

近視や老眼(老視)の矯正方法として眼鏡やコンタクトレンズがありますが、視力を回復する方法としてピンホールアイマスクの利用が従来から試みられています。
ピンホールアイマスクとは、通常のアイマスクの両眼部分に、中心とその上下左右に1個ずつ計5個の小さな穴が開けられたものです。
一見ピンホールアイマスクを使っても物が良く見えないのでは?と不思議に思いますが、人間の眼は特殊な仕組みを有しており、小さな穴を通過した僅かな光を使って正しい像を作ろうとして、眼の奥にある網膜までそれぞれが正常の道筋を通って届き、近視や老眼の原因であるピントのずれを矯正してくれるようです。
近視や老眼はレンズを保持する毛様体筋が固まってしまったことが原因ですが、ピンホールアイマスクの利用により結果として大きな像を見る必要がなくなったので、毛様体筋の役割が不要になったということです。
ピンホールアイマスクの利用は近視に対する視力回復法として古くから実践されてきましたが、老眼に関しても相応の効果があると言われています。
もちろん毎日正しい方法によって継続することが条件ですが、近眼や老眼にお悩みの方は試してみる価値がありそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP