光治療を行うケース

技術の進歩は細分化に向かうこともあり、医学の世界で普及しつつあるレーザーなどの特殊な光を使った治療法、すなわち光治療は、使用する波長に従い個々の名称を付けた異なる治療法として用いられるケースが増えてきました。
ちなみに根本的な問題として、医療用レーザーは医師しか使うことができません。
またエステなどではレーザーではない?特別な光線を使った場合であっても「光治療」はできません。
一方で美容外科や医療クリニックであっても、レーザーほど強くない?光を使ってにきびやしわ、たるみ、シミの治療を行うケースが多いようです。
これは切らない、痛くない、早く終わるというメリットが光治療にあるためです。とはいえ基本的な原理はレーザー治療も他の光治療も同じであり、特定の光をにきびなどの患部に当て、悪い細胞や組織を死滅させ、新しく健康な組織の生成や増殖を活発化させることにあります。
なお光治療はにきびに対しても即効性があるとイメージしがちですが、患者個々のケースによって光治療に適さなかったり、逆ににきびが悪化するケースもあるので、たかがにきび治療!と安易に考えずに事前に充分なカウンセリングが求められます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP