年齢との関係

老眼は高齢者がなるもの!というイメージがあり、そこから老眼になると老化を意識して精神的なショックが大きくなりますが、年齢的に考えると30歳代後半でも近年は珍しくないようです。
基本的に眼の老化は20歳前後からすでに進行し始めているとも指摘されているので、年齢を問わず大人になれば老眼を覚悟しておくべきです。
ただし一般的には40歳代から60歳前後の年齢時に自覚する人がほとんどと言われています。
なお他の病気などと同様に老眼に関しても、突然現れる!と感じる人が多いようですが、実際には徐々に悪化しており、あるレベルになって初めておかしい?と老眼を認識することになります。
時に若い年齢で老眼になると心理的抵抗が強いようですが、早めに適切な矯正器具を使用するなど老眼対策に徹した方が、無用な事故を招かず、肩こりや頭痛などのトラブルを防ぐことができ、さらに年齢を重ねた際に老眼が進展せずに済むようです。
一方で老眼になる年齢を少しでも遅らせるためには、眼を疲れさせない、適宜遠近を交互に見る習慣を付け眼の毛様体筋の柔軟性を保つ、そして眼に良いとされる栄養素を日々バランスよく摂取すると同時に不摂生を正すなどの健康管理が求められるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP