毛様体筋機能の衰え

普段健康な人が衰えを感じる瞬間?それは老眼を自覚した時かもしれません。
現代社会の生活であれば眼を酷使するのは当然であり、40歳を過ぎれば眼の衰えは必然的な結果です。
早ければ30代でも老眼に見舞われることが少なくないようです。
老眼の場合に大切なことは、無理をしない!老眼である事実を受け入れて視力に適した老眼鏡を使うことです。
100円ショップでも簡易な老眼鏡は売られていますが、これは一時凌ぎとして、眼科で適正な指導を受けた方が体調管理につながるものです。
つまり強引に見ようとすることで頭痛や肩こり、心理的なストレスを抱えて、循環器系の疾患に移行する危険が指摘されているためです。
たかが老眼ですが、確実に身体の衰えは忍び寄っているので油断は禁物です。
とはいえ老眼になったからと諦めてばかりではいけません。
眼はトレーニングによって、完全ではありませんが、ある程度の回復を目指すことは可能です。
すなわち老眼とは、眼の焦点を合わせる毛様体筋や水晶体の機能が衰えたことに起因しているので、これを鍛えることにより、さらなる衰えの予防や改善になるものです。
眼のストレッチ?遠くや近くを交互に見る練習などを試してみましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP