目の霞みについて

知らない間に私達は目を酷使しているようであり、突然目の霞みなどに襲われ不安になるものです。
もちろん単に疲れていたりした場合でも目の霞みを感じることがありますが、白内障や加齢黄斑変性などの深刻な目の病気の可能性があるので、目の霞みが続く、取れにくい、一定の視野が欠損または霞むなどのケースでは早めに眼科医を受診するようにしたいものです。
なお老眼の典型的な症状としても目の霞みが生じることがあります。
つまり老眼は、ピントを合わせる機能を持つ目の毛様体筋が硬直し焦点が合わない、いわゆるピンボケが原因と考えられているためです。
老眼鏡を掛けることにより目の霞みが解消される場合には老眼ですので、まずは安心しましょう。
とはいえ老眼は30歳代で発症することもあり、若い年代における老眼は認めがたいものがありますが、人それぞれ体質があるので、たまたま目に老化が現れたと思い、前向きな対応が必要です。
老眼の対処法は、一般的には老眼鏡の使用ですが、昨今は外科手術を含めた様々な治療法が開発されているので、自分の切迫度に応じて考えていくことが重要です。
基本的には目の負担を軽減させ、適宜マッサージをするなどのメンテナンスが有効です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP