老眼で携帯電話の使用

携帯電話の普及には目覚しいものがあり、現在では老若男女を問わず携帯電話を持つのが当たり前の時代になりました。
子供であっても塾の行き帰りなどを心配する親が持たせるケースが少なくないようです。
なお携帯電話とは言いますが、事実上携帯電話で使う機能として実際の電話よりもメールを多く利用しているようであり、昨今流行のスマートフォンの利用が広がるにつれ、視覚に頼った情報伝達の比重が高まっています。
もちろん私達は眼から得る情報ほど活用しやすくなっていますが、逆に高齢者などでは小さな画面を見なければならないため、老眼を理由として携帯電話の使用を控えるケースもあるようです。
そのため機器メーカーはコンパクトでかつ文字は大きく?という矛盾しがちな老眼対策にも取り組んでいるのが実情です。
一方で携帯電話やスマートフォンの登場は、老眼で引き篭もりがちだった高齢者のコミュニケーション手段として利用されているという現実もあるので、老眼だから、難しいからといって拒絶するのではなく、人生を楽しむ手段として、新しい技術を積極的に活用することが脳の機能を高め、結果として老眼を気にならなくしてくれるかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP