老眼手術の痛み

どんな手術であっても100%安全なものはなく、教科書通りの症例なども存在しないので、手術は常に試行錯誤の繰り返しです。
時に老眼の治療法として伝導性角膜形成術(CK)と呼ばれる外科手術を実施することがありますが、CKは基本的にメスを使わずに特殊な光を角膜に当てるだけなので、安全性は極めて高いと言われています。
またメスを使わないため手術の痛みはほとんどなく、万が一の事態を考え点眼麻酔も使用するので、手術の痛みを心配する高齢者でも実施しやすい老眼の治療法として近年注目されています。
ただし手術の痛みというよりも、虫歯の治療で経験しているように術中および術後の違和感はあるようです。
老眼に関しては老眼鏡を使用するのが一般的ですが、30歳代後半で老眼の症状が現れる若年患者のケースでは、仕事の関係もあるため日帰り手術が可能で手術の痛みを気にせず、かつ効果が期待できるCKを求めることがあるようです。
なおCKは新しい技術であり健康保険が使えないので費用は全額負担であり、いくつかのデメリットも知られているので、実施に際しては経済面、手術の痛み、術後のケアなどを含めた医師そして専門家による充分なカウンセリングが不可欠です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP